TOP

 ALWAYS ROCK, ERG and TATSUKO CRAZY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国紳士なあの教授は持っているのだろうか


名刺作りと並行して行なっていたのが、名刺入れ
そしてどこのを買ったのかは上の画像を見ていただけたら・・・
名刺入れなんて名刺と同じで、まさか私が使う場面が来るなんて思ってもなかったのでそっちの知識は0

一番最初は動きが面白かったし話の種になるかなと、
TOROIKAのオートマチックカードケースにしようかと思ったんですが、
せっかく買うんだからある程度の値段でしっかりした物を、しかも経過年数を楽しめる革がいいかなってことでパス

革も全然知らないので、情報収集してると土屋鞄製造所という国内のブランドに惹かれ本当はここのを買いたかったんです
コードバンの15000のやつ
ただ残念なことに完売中でしかもどこにも売っていなかったのでなくなく断念
今使ってる財布がボロボロになったらここのを買おう

海外に目を向けて調べていると惹かれたのがETTINGER

「HAND MAID IN ENGLAND」の刻印は、紳士の証
エッティンガー社は1934年、現社長ロバート・エッティンガーの叔父にあたる ジェラルド氏によってロンドンで創業。当時、手がけたレザー・グッズは評判を呼び、 ハロッズ、フォートナム&メイソン、バーニーズ・ニューヨーク、バーグドーフ・グッドマンなど名だたるストアから財布・名刺入れなどのオーダーを受注。ハンド・メイドにこだわり、各ストアへ、オリジナル・グッズを作ってきました。ロンドンやニューヨークで、HAND MADE IN ENGLANDの刻印は、紳士の証しとなったほどです。

そうした長年の仕事と質の高さが認められ、1996年にプリンス・オブ・ウエールズ よりロイヤル・ワラント(英国王室御用達)の栄誉を授かっています。 2000年には、ギフト・オブ・ザ・イヤーを受賞。ロイヤル・ワラントに続く快挙に、多くのメディアから注目を浴びました。 日本へは1999年から本格的に登場。商品のひとつひとつに、ロイヤル・ワラントが誇らしげに輝いています。



英国王室御用達とかすごいって最初思いました
定価には手を出せませんでしたが、通販だと1万切ってたりしてたので注文

ロイヤルコレクションと最後まで迷いましたが、中のロゴが箔押しで剥がれる可能性があるので普通のを



幸せを呼ぶ黄色いレザーに刻印されたETTINGERのロゴ

ぶっちゃけここまでするとか我ながらアホだなぁと
こう・・・無駄に金かけて分不相応な物を買おうとする辺りがw
今の職場では名刺交換の機会ないしw
名刺をお渡しする際にはこいつに入れているので、
あぁ馬鹿がいると思ってくだされば幸いです

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://likesofkiyu.blog10.fc2.com/tb.php/949-eb65e06d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

Twitter

検索

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

リンク

参加中

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへフィードメーター - キユノライク-Love Like Live Life- キユ@板垣辰子命さんの読書メーター

タグクラウド

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。